湿気を溜めない身体づくり

 最近、梅雨も明けたと思ったら、「戻り梅雨」という。


こんな時期は特に体調不良を感じていませんか?

だるさ・めまい・吐き気・むくみなど。 


実はそのまま放置しておくと、 


冷房にあたる ➡ 体内に水分が停滞する ➡ 体調不良に

という悪循環に。  


これは東洋医学でいう「水毒」症状。 

体内の水分を上手く排出できず、自律神経や免疫力の働きが低下し体調が崩れる状態のこと。


そこで東洋医学の改善方法を。


湿気に負けない身体づくりに「腹温灸」が効果的です。

数種類の薬草を練りこんだもぐさの棒灸を用います。

棒灸「チネオール」という成分が効果を発揮します。


「チネオール」には以下の効果が。

●肌にあてることで身体の免疫細胞である白血球を増やす。

●香りを吸い込むことで内臓の胃腸が動き出す。

●副交感神経優位になり自律神経を整える。

など。


気持ちよくて途中で寝てしまう方もおられます。


現代人は交感神経優位といわれます。

自律神経を整えましょう。


不思議とおなかの底から力が湧いてきて、動きやすい体に代わります。


直接肌に置かない方法で効果もあるのに安全!!

とても気持ちがよいお灸ですのでおススメです。 

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square